猫の耳掃除と耳のお手入れ&猫の耳の病気

猫の耳あれこれ

 

猫に耳掃除は必要?

 

猫の耳かきの必要性

 

猫に耳掃除、してあげていますか?

 

通常、健康な猫の耳の中はきれいな薄いピンク色をしてさらっとしていますが、耳の脂分が多く、耳垢がたまりやすい体質的の猫もいます。耳の中の汚れを放置していると、外耳炎の原因となることもありますので、見た目で確認できるような耳の中の汚れや耳垢がある場合は耳掃除が必要となってきます。

 

 

耳の分泌腺と耳垢

 

耳の孔には皮脂腺と耳道腺と呼ばれる腺があります。これらの腺から分泌される分泌物が、耳の奥に入ろうとする外部からの細菌やほこりなどを防いでくれています。この分泌物が固まったものを耳垢といい、分泌量には個体差があり、健康状態によっても差が出てきます。分泌物が多くなれば自然と耳垢も多くなり、耳道内の汚れや細菌・真菌の養分、ミミヒゼンダニの餌となります。

 

 

耳掃除の目安は10日に1回程度ですが、たれ耳の猫、例えばスコティッシュフォールドなどの品種の猫の耳は折れているので通気性が悪くなっていますから、そのだけ耳の中で雑菌が繁殖しやすくなってます。愛猫と遊んでいる時にでも耳の中を気にしてあげてください。

 

 

猫の耳垢はどうやって取るの?

 

猫の耳掃除とお手入れ

猫の耳掃除ですが、酷い汚れが目立たない猫の場合は特に必要ありません。でも、耳の中が見た目にもひどく汚れて耳垢が目立つようでしたら、カット綿やティッシュペーパーを小指に巻きつけて、指が届く範囲の耳の入り口付近を軽く拭き取ってあげましょう。カット綿やティッシュペーパーに耳掃除用のクリーニングローションや薬液を染み込ませると、殺菌作用や角質溶解作用もあるので、耳掃除がスムーズにできますよ。もし、イヤークリーナーなど使わずに、乾いたカット綿やティッシュペーパーで耳の中の汚れをこすり取ろうとすると、その刺激が耳の中の炎症の原因となってしまいます。

 

注意すべき点ですが、猫の耳の孔の奥まできれいにしようして細い綿棒を用いたりすると、汚れを奥の方に押し込んでしまったり、耳道を傷つけてしまうことがあります。また、猫が突然動き出したときにも耳の中を傷つけてしまう恐れがありますので、耳の孔の入り口付近だけにします。

 

猫の耳の中はL字型をしていて、途中で急に折れ曲がっています。耳の奥まで掃除しようとしても難しいので、耳の奥に関しては動物病院で獣医さんに任せたほうが無難ですね。

 

 

猫の耳掃除と耳のお手入れの仕方

 

猫の耳のお手入れ用品

 

 

L字型をした猫の耳の構造

 

猫の耳の構造

 

犬と同様に、猫の耳も人の耳と構造が異なっていて、右の図のようにL字型の耳の構造をしています。長い外耳道というL字状のトンネルの奥に鼓膜がある形状です。

 

外側からご説明いたしますと、一番外側の大きくてヒラヒラした部分をが耳翼(じよく)です。平たい軟骨を皮膚で覆ったような構造になっていて、ある程度の硬さがあります。内側には「ひだ」があり、通常は薄いピンク色をしています。

 

 

耳の孔を耳道(じどう)といい、耳道も軟骨で囲まれています。犬や猫の耳道は、まず垂直に下がり、途中で奥の方へと水平方向に折れ曲がり、最終的に鼓膜へとつながります。

 

 

鼓膜はとても薄い膜でできていて、常に張った状態となっています。音によって生じる空気の振動を捉え、鼓膜自体が振動することによって音を奥へと伝えています。鼓膜を境にして、その奥に中耳、内耳(聴神経)が続きます。外耳は鼓膜の手前側です。

 

外耳道の通気性が悪くなるとカビ(真菌)が繁殖したり、耳ダニが寄生して外耳炎になってしまいます。外耳炎のケアをしないで慢性化させると、悪化したときに鼓膜が破れ、中耳、内耳炎へと進行して、治療に多くの時間とお金を費やしてしまうことになります。